« 2013年3月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

ヤミ金にも悩みはあるらしい

【スペシャルPR】
消費者金融審査甘いは審査について、融資について知り得る情報サイトです。

ヤミ金に借金をし始めた頃、段取りも分からずに担当者と会話なんて全くなかったが
最近は返済のたびに雑談的な会話を交わすように変化してしまった。

決して喜ばしい内容とは言えない事ではあるが、別にその担当者が悪い訳ではなく
借りた自分・・・いや、借りなければならない状況を招いた自分が悪いので、どこにも文句は言えない。

顔も知らず、声だけのお付き合いではあるが、話していると普通の人である
恐らく私よりはかなり若い人物ではあるが、周囲の人は彼の仕事を知っているのかとか
いくら金利が高いとはいえ、生活できるレベルの収入が得られるほど利用者が多いのかといった
疑問を投げかけてみたいが、そこまでの関係には至っていない。

ただ、ヤミ金が最も気を遣うのは、貸すときではなく、返済を受ける時らしい。

返済の可否ではなく、返済を受け取る方法に苦労すると言う話を聞いた。それは何故?と問うと
銀行振り込みで受け取る事が出来れば良いのだが、振込みで受け取ると返した側(私の立場側)の
口座がロックされたり、どこからかお咎めを受ける可能性が高いので、振込みは基本的に選択できず
それ以外で受け取る方法を考える必要があるとの事。

どれだけマークされてるのかは分からないが、借りてる側も落ち着かず大変だが
貸してる側も、違う意味で毎日ドキドキしていなければならない様子。できれば私はしたくない仕事という印象を受けた。

【PR】
消費者金融審査甘い
ブラックでも諦めない
Loan shark ~ 実録 闇金融の表と裏

物売りな私と金貸しも友人

【特別PR】
消費者金融で審査が甘いところを探すならこのサイト?!

私の古くからの友人に、ヤミ金ではないが「金貸し」と言われる分野の職業に就いてた男が居る。

貸金業法(?)の改定で、勤めていた会社の経営状態が怪しくなり退職をしたが、
貸す立場に居たときの話を聞かせてもらった。

中学時代からの親友と言うこともあり、何でも話せる間柄ではあるが、仕事の話はあまりした事がなかった。

失職に伴って相談を受けたことがきっかけでの話だが、彼は社会に出てからずっと営業マン。そして私も営業マン。
ただ、私は小規模商社の営業であり、いわゆる物売りであるが、彼は金貸し。

私の感覚では、営業という職種は、扱う品目は違えど基本は同じと考えていた。
しかし彼は、彼は物売りの営業に就くことは難しいかも・・・と一言。

理由を尋ねると、物売りの営業は自分が提案し、そしてお願いをする立場だが、
金貸しは、お客が「貸してください」と頭を下げてくるのが一般的で
優良企業を顧客とする銀行マンならまだしも、小規模な消費者金融の営業では「借りて下さい」と
頭を下げることは皆無なので、間逆の立場をうまくこなせるかどうかが不安だと言っていた。

言われて「なるほど」といった感じではあったが、実は私自身が多重債務者である事から
より納得度は深かったように思う。

ヤミ金の担当ともなれば、なおさらその時の友人の言葉を思い出してしまう。

初めの電話では優しい声で話してくれるが、審査を経て、融資が可能となれば
急に口調が変わる担当と出会った事がある。

ヤミ金と言うだけで抵抗があり、金利もバカ高いので返すためには努力が必要という意識がある中で
そんな担当者に遭遇してしまった事から、融資直前で「やっぱり借りない事にします」と断ったら
電話の向こうから「ざけんじゃねーぞコノヤロー!金返せ!!」の怒鳴り声が・・・
「私、借りてませんけど・・・」と言いたくなったが、怖いので何も言わずにそのまま電話を切った。

【PR】
消費者金融審査甘い
ブラックでも諦めない
Loan shark ~ 実録 闇金融の表と裏

« 2013年3月 | トップページ | 2013年8月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ