借金

ヤミ金にも悩みはあるらしい

【スペシャルPR】
消費者金融審査甘いは審査について、融資について知り得る情報サイトです。

ヤミ金に借金をし始めた頃、段取りも分からずに担当者と会話なんて全くなかったが
最近は返済のたびに雑談的な会話を交わすように変化してしまった。

決して喜ばしい内容とは言えない事ではあるが、別にその担当者が悪い訳ではなく
借りた自分・・・いや、借りなければならない状況を招いた自分が悪いので、どこにも文句は言えない。

顔も知らず、声だけのお付き合いではあるが、話していると普通の人である
恐らく私よりはかなり若い人物ではあるが、周囲の人は彼の仕事を知っているのかとか
いくら金利が高いとはいえ、生活できるレベルの収入が得られるほど利用者が多いのかといった
疑問を投げかけてみたいが、そこまでの関係には至っていない。

ただ、ヤミ金が最も気を遣うのは、貸すときではなく、返済を受ける時らしい。

返済の可否ではなく、返済を受け取る方法に苦労すると言う話を聞いた。それは何故?と問うと
銀行振り込みで受け取る事が出来れば良いのだが、振込みで受け取ると返した側(私の立場側)の
口座がロックされたり、どこからかお咎めを受ける可能性が高いので、振込みは基本的に選択できず
それ以外で受け取る方法を考える必要があるとの事。

どれだけマークされてるのかは分からないが、借りてる側も落ち着かず大変だが
貸してる側も、違う意味で毎日ドキドキしていなければならない様子。できれば私はしたくない仕事という印象を受けた。

【PR】
消費者金融審査甘い
ブラックでも諦めない
Loan shark ~ 実録 闇金融の表と裏

おまとめローンは申し込み書の書き方が肝心!

<p>申込書の中で、まず電話番号は着目されます。固定電話があるかないかで信用度は変わります。 </p>
<p> 固定電話もあるのに家に電話がかかったらイヤだと思って固定電話しか書かない人もいるようですが、<br />
  連絡は携帯電話にしてもらうようにお願いすることもできます。携帯電話のみでは信用度は低くなってしまうので、固定電話がある場合は絶対に記入しましょう。

  居住年数も必ずチェックされます。<br />
  持家の方がいいのは確かですが、賃貸でも居住年数が長ければ長いほど信頼度が高くなります。<br />
職業は重要なポイントで、辞めたり解雇される率の低い職業がポイントの高い職業です。

  最も信頼度が高いのは公務員、次いで大手企業の社員、中小企業の社員という順になります。自営業や個人事業主は借入についてはかなり不利な職業です。

  <br />
  年齢については、20代後半から30代くらい、それも独身が最も貸したい対象のようです。給料もそこそこの額で、それを自分で使える人であれば、返済も大丈夫だと考えられるからです。 </p>

<p><a href="http://xn--n8jl4gvdqa6877d9wrl5x.com/?p=130">ローンの延滞回避術!</a></p>

総量規制でも融資を受けたい

改正貸金業法が2010年6月18日に完全施行され「総量規制」が導入された。
これにより年収の1/3以上の借入れができなくなりました。

総量規制の対象になるのは、

  • 消費者金融
  • 信販会社
  • クレジット会社
  • 事業者金融会社

などの貸金業者からの借入れで、銀行からの借入れは対象外。

また、住宅ローン、自動車ローン、医療費ローンなども総量規制の対象外です。

「総量規制」の導入でここが変わる!

1.年収の1/3以上の借入れができなくなる

消費者金融や信販会社、クレジットカードのキャッシングなどの合計が年収(税引き前)の1/3を超える借入れはできません。

たとえば、年収300万円の人は100万円を超える借入れはできません。

2.すでに年収の1/3以上借入れがある人は、新たに追加で借りることはできなくなる。

すでに年収の1/3以上借入れがある場合、借入れ合計が1/3以下になるまで規制の対象となる貸金事業者から追加でお金を借りることはできません。

例えば、年収300万円、既に150万円の借入れがある人は借入合計が100万円以下になるまで新たに借入れることができなくなります。

この場合、返済だけを続けて負債額を減らしていくしかありません。

3.専業主婦など収入ゼロの方は配偶者の同意書、婚姻関係を証明する書類の提出が必要に

専業主婦(夫)など本人に収入が無い方は、規制の対象となる業者から借入れを希望する場合、配偶者の同意書、住民票や戸籍抄本などの婚姻関係を証明する書類の提出が必要になります。

つまり、今まで可能だった「旦那に内緒でお金を借りる」ということができなくなります。

借入れが多い方にはかなり厳しい法律改正と言わざるを得ないでしょう。
特に借入れで“自転車操業”のようにしのいできた方にとっては厳しい・・・。

☆ 借入をまとめると得する? ☆

よく、数社からの借入が有り、これをまとめたり、一本化したりすると得する、という話をよく聞きます。 果たして本当にそうなのでしょうか? 検証してみます。

 仮に、A社30万円、B社20万円、C社50万円、それぞれ借入があったとします。
 話を簡単にするために利率はすべて25%、3年間の返済として計算します。

 すると、計算は次のようになります。

        利率  返済期間 当初借入額  毎月返済額   利息の総額  
 A社 25%  3年     30万円   11,928円    129,406円
 B社 25%  3年     20万円     7,952円    86,271円
 C社  25%   3年      50万円     19,880円    215,677円  
       合  計    100万円    39,760円   431,354円

 次に、これを一本化していくわけですが、次の3つのケースに分けて検討します。

<ケース1> 利率、返済期間とも変更が無くて、1社にまとめただけ
<ケース2> 利率は変更なし、返済期間を5年にした(一番多いケース)
<ケース3> 利率が安い会社を選択して(計算例では18%)返済期間は3年のまま

 それぞれ、計算すると次のような結果となります。
       ↓↓
        利率  返済期間 当初借入額  毎月返済額   利息の総額  
 ケース1 25%  3年   100万円   39,760円   431,354円
 ケース2 25%  5年   100万円   29,351円   761,079円
 ケース3 18%  3年   100万円   36,152円   301,486円

 ケース1では、条件が同じですから計算上の金額も当然ながら同じになります。
 唯一のメリットは、返済が一社になるので面倒がないことくらい。

 ケース2では、多くのおまとめ・一本化の理由が毎月の返済を楽にしたい、ということです。
 つまり返済期間を3年→5年に延長することで毎月の返済は、39,760円→29,351円
 となるのです。しかし、毎月の返済は楽になった分、支払い利息の総額は1.7倍にもなるのです。
 事情があるでしょうけど、最も避けたいケースです。

審査甘い消費者金融

消費者金融審査甘いブラック可

金融ブラックリスト融資NAVI

人気サイトランキング
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加 goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加 Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加 newsgatorに追加 feedpathに追加

その他のカテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ